ネットショップ運営代行:HOME > ネットショップ売上アップノウハウ > 楽天運営 >

ネットショップ売上アップノウハウ

新春カンファレンス

2018年1月30日に東京で楽天新春カンファレンスが開催されました。今回はその会場で発表された楽天市場の今後の方針について見ていきましょう。

 

 

※楽天のグローバル戦略

現在、楽天のグローバル流通総額は約13兆円。今後、更に流通総額を伸ばしていく上で、グローバル戦略は不可欠!日本国内にとどまらず、世界戦略を視野に入れブランドロゴをアルファベット表記に一新。FCバルセロナ、NBAチームとのスポンサー契約など、世界的にRakutenブランドの認知を高められるよう引き続きプロモーションを行っていく。

 

 

※楽天経済圏の拡大

世界中でキャッシュレス化が進んでいる。例えば中国では日常の購買行動の中で現金が使われる機会が減ってきている。キャッシュレス化に関しては、中国と比較すると日本は10年以上も遅れている。楽天グループでは楽天ポイント、楽天ペイ(店頭で簡単にカード決済ができる仕組み)の更なる普及を目指し、日本でのキャッシュレス化を積極的に推進していく。さらに、携帯キャリア事業への新規参入、ウォルマートと業務提携などを軸に楽天市場の全てのグループサービスを集結して楽天経済圏の拡大を目指す。

 

・楽天経済圏の拡大に向けての主な施策

1.楽天ポイントを軸に経済圏の拡大を目指す。例)ポイントで投資信託の買い付けが可能に!

2.楽天ペイの2016年時点での流通総額は約2,275億円。楽天ペイの導入を加速させ、リアル店舗での楽天ユーザーの利便性向上、楽天ポイントが利用できるリアル店舗の拡大を目指す。

3.第四の携帯キャリアを新たに立ち上げる。通話料金を楽天ポイントで支払いが可能。(楽天モバイルではすでに楽天ポイントで支払いが可能。第四のキャリアを立ち上げた暁には、楽天ポイントの利便性を更にアピールしていく?)

4.楽天カードの請求金額を楽天ポイントで支払いが可能になる。

5.ウォルマート(西友)との業務提携により、日用品の買い物をもっと便利にしていく(楽天IDとの連携により利便性向上を目指す)




※ワンペイによる決済方法の統一化

現在、一部の店舗にしか導入されていないRペイ(楽天市場での新しい決済サービス)導入の更なる拡大を目指す。現在、楽天市場に出店している店舗の決済方法は店舗ごとにバラバラ。すべての店舗において共通の決済方法を共有することで機会ロスを防ぎ、転換率の向上を目指す。また、統一化された決済プラットフォームの導入により、店舗運営の簡素化、入金サイクルの短縮、不正注文対策など、出店店舗の作業効率向上に取り組んでいく。

 

 

※チャット機能の拡大

ユーザーとの新たなコミュニケーションツールとして「チャット機能」の拡大を推進。現在、一部の店舗にしか導入されていないチャット機能を全店舗に拡大。すでに導入している店舗ではチャット機能を活用することで転換率が向上したなど、良い結果が出ている。さらに、AIを活用することでユーザーからの問い合わせ内容をデータベース化し、問い合わせに対する対応作業の一部自動化を目指す。

 

 

※ビッグデータを活用した広告精度の向上

現在、楽天の会員数は約9,300万人。楽天市場をはじめ、グループ全体のサービスの利用傾向に基づいたアプローチをすることで、かなり質が高い広告を提供できると予測。まずは楽天市場内でCPC広告の精度を高め費用対効果の改善を目指す。

 

 

※デリバリー戦略

コンビニ、郵便局、自前宅配Boxの配置強化、物流拠点の拡大(現在は日本全国に3カ所だが、10カ所に拡大することを目指す)、AIを活用した最適な配送ネットワーク&システムの構築など、楽天物流を軸に配送のクオリティを高め、二年以内にECに特化した配送ネットワークの構築を目指す。また、ウォルマート(西友)との業務提携により、日用品配送のネットワーク拡大に取り組む。

 

 

※SNS戦略

インスタグラム、Facebook、LINEなど、最近ではSNSを切っ掛けにインターネットで商品を購入するユーザーが急増している。この現状を踏まえ、SNSへのとの連携を高めるサービス「R-SNS」をリリース。楽天市場に申請を行うことで外部SNSのリンクを貼ることが可能になる。

 

 

 

以上が新春カンファレンスで発表された主な内容ですが、自慢の「経済圏」をフル活用し、独自路線で流通総額アップを目指す点においてはYahoo!ショッピング、Amazonとはまた違った方向性と言えます。どのような結果になるのか?楽天市場の今後の動向が楽しみです。

  • ECサイト売上アップ77の手法
  • ネットショップ売上アップノウハウ一覧
  • ネットショップサポート事例
  • ECサイト売上アップ77の手法
  • 楽天ECコンサルタントによるEC改善100本勝負
  • ネットショップ売上アップノウハウ

関連事例

ECサイト成功事例

EC立ち上げから支援!
7ヶ月で月商300万円を突破!

楽天運営代行

市場調査結果をもとに、スマホでの販売
を中心とした販売戦略を立案。

別分野からECへ参入。
半年強で月商100万円突破!

楽天運営代行

徹底したニッチ戦略でスピーディーに
楽天での事業立ち上げに成功。

楽天立ち上げから10ケ月で
月商330万円を達成!

楽天運営代行

自社ECサイトから楽天への市場変え。
楽天ならではの戦略立案で早期収益化。

年商500万円が1,500万円に。
PV数も241%増加!

自社EC運営代行

「商品知識の豊富さ」を武器に
コンテンツ拡充とSEO施策を実施。

ご契約5ヶ月で昨対400%以上
目標達成率175%を実現!

楽天運営代行

商品の優先順位付けと、最適な広告
ポートフォリオで短期間で成果を創出。

前年比68%の危機的状況から
5ヶ月で前年比136%へ復活!

楽天運営代行

アクセス減少が売上低下の最大の要因で
あったため、徹底的なアクセス対策を実施。

老舗のブランドを守りながら
楽天での売上向上を実現!

楽天運営代行

商品戦略、プロモーション予算配分、
デザイン、全てをギフト商品に集中。

月商10万円→700万円に!
ギフト中心のEC戦略を展開。

楽天運営代行

ブランドイメージを守りながら、
楽天売上の大幅向上を実現。

10万円の月商が5ヶ月で60万円、
7ヶ月で100万円まで増大!

楽天運営代行

地方で高い認知度を誇るも楽天は苦戦。
1点突破で全国区での販売を実現。

広告費は一切使用せず、
4ヶ月で昨年対比137%に!

楽天運営代行

ユーザーの利便性向上にフォーカスした
楽天運営代行で、短期で売上を拡大。

ご契約4ヶ月で昨年対比137%
を達成。社内フローも固めた。

楽天運営代行

運用体制の弱さが売上伸び悩みの原因で
あったため、体制作りを中心に支援を実施。

月商30万円で支援開始。
2年で月商450万円に到達!

楽天運営代行

日本では認知がない海外ブランドの
楽天運営代行成功事例。

ECサポート(1) 楽天の売上向上支援
楽天運営代行
楽天運営代行

楽天を知り尽くした成果創出請負人。
MVP(月間、週間)、カテゴリランキング売上トップ等、多数の楽天運営代行成功実績があります。

楽天コンサルティング
楽天コンサルティング

達成した売上目標と時期を教えてください。
ネットショップスタジオが目標達成のためのロードマップをご提示します。

ECサポート(2) 自社ECサイトの売上向上支援
ECサイト運営代行
ECサイト運営代行

メーカー・卸売業・輸入代理店のECサポートなら、ネットショップスタジオへ。貴社の事業環境に応じて、最適なEC戦略を立案いたします。

ECコンサルティング
ECコンサルティング

EC戦略から、施策実行まで。
豊富なECサポート経験をもとに、最適なアドバイスを行います。

ECサイト構築
ECサイト構築

戦略なきECサイト構築は確実に失敗します。ネットショップスタジオでは、豊富なECサポート経験をもとに、戦略的観点からECサイトを構築します。

関連サービス

お問い合わせ 資料請求はこちら ご不明点・詳細資料のご請求はこちらからお気軽にお問い合わせください! 03-5428-8624 受付時間 平日9:00~18:00 ※年末年始・GW・夏季・ 冬季期間は除きます。

メールフォームからのお問い合わせ・資料請求
pagetop